Visual Basicプログラマについて一言いっとくか

ちょっとひと言 – 物言わぬ多数派: Visual Basic 6 が今でも成功している理由.

VB6のことはいいです。問題は今のVBです。いや。今のVBプログラマです。

.NET Framework関連技術はC#で紹介されることも多く、特に勉強会などでは圧倒的にC#で開発をしているという人が多いわけですが、実際にはかなりの人、おそらく.NET Frameworkで業務として開発されているプログラマの40%ぐらいは(.NETの)Visual Basicで開発されているだろうとは考えていたのだけど、今日届いたGrapeCityさんのメールニュースによると、複数回答が可能なアンケートの結果とは言え、業務としてVB.NETで開発しているが64%、C#は34%という結果でした。全く逆じゃん!よくお会いする方でサンプルしてしまうと90%はC#プログラマのはずなのですが(w)。

しかし意外なほど情報が出てこないように感じる今のVisual Basic。

なぜかVB6の情報の方がまだある今のVB。

今のVBのプログラマさんに言いたい。あなた方それで現状満足ですか?大丈夫ですか?

VBでRxとかVBでLinq星人になりましたとか一切目に入ってきませんけど、それで満足なんですか?

そんなもんだとあきらめてるんですか?

業務がこなせればいいんですか?

ドトネトの怖い人たちに無視されたままでいいんですか?

WebMatrixとかでさくっと無視されてますけどそれでいいんですか?

VBのことが好きですか?

本当にVBのこと愛してます?

愛するVBを良くしようとは思いませんか?

あなたたちはマジョリティです。力があるんです。その力を見せつけてください。

元MVP For Visual Basicより。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.