C#, Dynamic lookup

Charlie Calvert’s Community Blog : Future Focus I: Dynamic Lookup

IronPythonというよりDLRに実装されているレイトバインディングの仕組みをC#側に取り込み、それをDynamic lookup(動的参照?)とよび、時期C#に取り込むことが考えられているようです。

Dynamic {..}このDynamicブロックでかこわれた中では動的な参照が行われることを許しことになるようです。ブログ記事に書かれたサンプルコードを見た感覚的にはDynamic内ではほぼVB(8/9)と同じになります。

これによりCOMコンポーネント使用がより容易になるのが良いですね。

希望としてはDynamicブロックからスコープが外れたタイミングでのMarshal.ReleaseComObjectが暗黙的に保証されるとかなりうれしいですね。

コメントを残す