Compiler Dev Lab

Microsoftは外部のコミュニティから、DLRに関して意見を聞くためCompiler Dev Lab.と言う催しを開いたようで、MS内外でBlogにそれらの反応が出ています。
Lohn LamはBlogでCompilerDev Lab.の感想とそのときに披露したスライドのPDFを公開しています。このPDFを見るとDLRが各言語をどのように.NETのコードにトランスレートしているか何となく理解できると思います。(僕としては)
John Lam on Software: Compiler Dev Lab
IronPythonの中の人Jim Hunguinもおそらくこれに向けてだと思うのですが、DLRの内部動作についてBlogに書いています。
Jim Hugunin’s Thinking Dynamic : The One True Object (Part 1)
Jim Hugunin’s Thinking Dynamic : The One True Object (Part 2)
Jim Hugunin’s Thinking Dynamic : DLR Trees (Part 1)
Mono ProjectのMiguel de Icazaもこの中でのことをまとめています。
Moonlight, trivial Video and Canvas – Miguel de Icaza
Compiler Lab: Second Day – Miguel de Icaza
こうした外部コミュニティのリーダーたちとMS内部とのコミュニケーションが図られたことでDLRがより洗練され、MS以外でのDLR上での言語実装(Boo)やDLRのポーティングが進んでいきそうです。

コメントを残す