DryadことLinq to HPC終了のお知らせ

As part of this release we’ve also updated the preview version of LINQ to HPC, however, this will be the final preview and we do not plan to move forward with a production release.  In line with our announcement in October at the PASS conference we will focus our effort on bringing Apache Hadoop to both Windows Server and Windows Azure.  Hadoop has emerged as a great platform for analyzing unstructured data or large volumes of data at low cost, which aligns well with Microsoft’s vision for its Information Platform.  It also has a vibrant community of users and developers eager to innovate on this platform.  Microsoft is keen to not only contribute to this vibrant community, but also help its adoption in the Enterprise.  We expect a preview version on Windows Azure available by end of the calendar year.

引用元: Announcing the Windows Azure HPC Scheduler and HPC Pack 2008 R2 Service Pack 3 releases! – The Windows HPC Team Blog – Site Home – TechNet Blogs.

Windows HPC関連のアップデートがあったのですが、その中でのお話。

MSのMap Reduce的な何かであったLinq to HPC(開発コードネームDryad)が結局日の目を見ないままプロジェクト(少なくとも公開されるされない的な点では)としては終了のようです。

「PASSカンファレンスで言ったようにこれからはHadoopだぜ!」みたいな話のようなのですが、DryadはHadoopとは少し間口が違うものだっただけに、結局さわる機会が無かったことも含めて残念な感じです。

Hadoopのような分散処理フレームワークはある意味当たり外れがあるので、何でもHadoopっていう風潮はどうよって言うのもあったりするのですが、なかなかオルタナティブがあらわれませんね(それを言ったらHadoopがオルタティブな何かな訳ですけども)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください