FH5 メキシコへの道 7月のアップデート #ForzaHorizon5

Forza Motorsport – FH5 The Road to Mexico | July Update

以下これの雑訳。

ブログ「Road to Mexico」シリーズへようこそ! (6月分をご覧ください。)

今月は2回のLet’s ¡Go! を実施し、『Forza Horizon 5』の開発秘話や特別な理由など、新しいエキサイティングな情報をたくさんお届けしました。

今月の最初のストリームは、エンジン音についてでした。エンジンの独特な音は、指紋のようにユニークであることが知られているため、コミュニティはしばらくの間、Forzaにおけるエンジン音のキャプチャーと作成のプロセスについて聞きたいと思っていました。多くの人にとって、エンジン音は、外観のディテールや性能のカスタマイズと同様に、車のアイデンティティにとって重要な要素です。そこで開発チームは、何百ものエンジン音を収録し、何千ものアップグレード設定を再現するための技術とプロセスに細心の注意を払い、可能な限り本物のリアルなカーサウンドを提供しています。

詳細については、今すぐフルストリームをご覧ください。

また、ストリームで紹介された映像は、誰でも生の音を聴くことができるように、すべて個別のYouTubeクリップとして掲載しました。その中には、車から音を出すまでの舞台裏も含まれています。

ここでは、音の多様性を示すために、ゲーム中のいくつかの車のクリップを紹介します。

最後に、アップグレードメニューに新たに追加されたエンジンの回転機能と、カスタマイズによるエンジンの変化を聞くことができるデモンストレーションを紹介します。

いつものように、ストリームの最後に、ホストとゲストがコミュニティからの質問に答えました。質問をクリックすると、ライブストリームのそのタイムスタンプに移動することができます。

Q:(エンジン音を録音する際に)マフラーから排気が出ないようにするにはどうしたらいいですか?

それは、マイクの配置です。車の排気ガスは非常に高温になるので、それを避けるようにマイクを配置しなければなりません。その方が音がきれいになるのですが、いろいろ試してみて何がいいのかを見つけることも大切です。

Q:エンジン音の録音方法が変わったのはなぜですか?

従来の方法では、車が加速するときのエンジン音を録音し、それを操作して車が減速するときの音をシミュレートする必要がありました。 しかし、サーキットでの生録は、エンジン音のリアルさ、自然さが際立ちます。

それに、サーキットで車を走らせることができるのですから。

Q:音が変化して良くなったのだから、車内の音も変わるのでは?

そうです。コックピットインパルスレスポンス」という手法で、人間の耳に聞こえるあらゆる範囲の音を収録しました。基本的には残響音を複雑に取り込むことで、レース中の一人称視点の音を素晴らしくしたり、天気の音やタイヤの金切り音などあらゆる環境音を再現しています。

Q:E3のゲームプレイトレーラーで見た巨大な橋は、先ほどの巨大な高速道路の一部なのでしょうか?

いいえ、あれはジャングルの中を走る別の道路です。

Q:エリミネーターはマップ全体をカバーするようになるのですか?

確かに円は以前より大きくなり、マップのどの部分でも発生しますが、全てを網羅しているわけではありません。

Q:「Forza Horizon」のおなじみのキャラクターが戻ってくることは期待できますか?

もちろん!

Alex Strachan、Jaimin Shah、Scott Tyler、Amy Simpson、Mike Steeleが再登場し、さらに新しいキャラクターたちがHorizonのストーリーを案内してくれます!

Q:新しいエンジンスワップはありますか?

そうなんです。『Forza Horizon 5』では、500以上の新しいエンジンスワップを導入しています。

7月26日に放送された第4回目のストリームでは、『Forza Horizon 5』の世界を構成する11のバイオマスの一部を紹介しました。メキシコの地理的な多様性や、砂漠、沼地、山岳など、さまざまな環境がひとつの国に存在していることは、これまでに何度も紹介してきました。そのため、今回の配信では、ゲーム内のメキシコのさまざまな地理的地域を巡るツアーが始まりました。

まずは、メキシコの沼地からスタートし、破壊可能なマングローブの根、驚異的な水のビジュアル、野生の犬など、これまでのHorizonマップにはなかったこのバイオームの特徴を紹介しました。

そこから車でジャングルに入り、ボリューム感のあるフォグや葉、ダイナミックなライティングを駆使して、この地域特有の具体的な雰囲気を表現しました。さらに、実在の場所にインスパイアされた、ジャングルの中心にある古代神殿もチェックしました。

最後に、Horizonゲーム史上最大の地質である火山に立ち寄り、これまでに作成した中で最大級のスイッチバックを2つ用意しました。火山の斜面には、今まで走ったことのないような最高のラリートラックがあるので、お楽しみに。最後に、雪をかぶった山頂や凍ったカルデラ湖など、山頂の局所的な気象効果を紹介して、このコーナーを締めくくりました。

続いて、エメラルドサーキットで開催されたロードレースのゲームプレイをご紹介し、最後に皆様からのご質問にお答えします。

Q:グラフィック面で一番苦労した点は何ですか?

それは一つだけではなく、すべてのものがオーバーホールされ、それが一貫していなければならないということでした。例えば、ライティングをフォトリアリスティックにするためにレベルアップすると、それに合わせて他の部分もレベルアップしなければならないので、それは大変ですね。

Q:地図を見ることができるのはいつですか?

次回の「Let’s ¡ Go!」ストリームでは、8月9日午前10時(PDT)に地図を表示する予定です。

Q:すべての車にV8とV12の選択肢があるのですか?

V8エンジンやV12エンジンのスワップのための改造オプションは、その車にとって適切かつ現実的な場合にのみ利用可能です。つまり、このようなスワップの機会はたくさんありますが、すべての車にあるわけではありません。

Q:Forza LINKはクイックチャットの代わりになったのでしょうか?

この機能は、自分や他のプレイヤーの行動を追跡することで、特定の場所やレース、ゲームモードを他のプレイヤーに伝えるなど、より状況に応じたチャットのオプションを提供します。

Q:『Forza Horizon 4』のように、また週単位でシーズンが切り替わるのでしょうか?

そうですね。この件については、ゲームの発売が近づくにつれ、詳細をお知らせします。

Q:オフロードが多く、道路が少ないマップになるのでしょうか?

マップは『Forza Horizon 4』に比べて50%拡大されているため、全体的にオフロードやロードレースが多くなりますが、それぞれの割合は前作と同程度です。

詳細や発表を見逃さないためにも、Twitchで「Let’s ¡Go!シリーズ」を見逃さないでください。InstagramTwitterのフォローもお忘れなく

コメントを残す