Git Source Control Provider V 1.0.0

Visual StudioのGitを使用するソースコードコントロールプロバイダー(要はバージョン管理プラグイン)として動作するGit Source Control Providerが1.0になっていました。

Git Source Control Provider – Download: V 1.0.0

Visual Studio 2012の内臓Diffツールを使用するようになっていたり、そのほか細かい処理の改善がなされています。

Change Logs

V1.0.0

V 0.9.6.1

  • Rebuild in release mode and write to error log file in Release mode

さて、VS2012のDiffツールを使用する方法ですが、インストールが終わったら、以下のようにVisual Studioのオプション設定で、Cource Controlを選択し、「Use Visual Studio 2012 Diff Window」にチェックを入れます。

SnapCrab_オプション_2012-11-27_20-22-43_No-00

比較したいファイルを選択し、Git Compare with Last Commit…を選択します。

image

次の図のようにDiffが表示されます。

SnapCrab_GitTest - Microsoft Visual Studio_2012-11-27_20-28-34_No-00

One thought on “Git Source Control Provider V 1.0.0”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください