HPEのサーバー向けSAS SSD、稼働32,768時間超えでデータ喪失。復旧も不可 

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)が11月29日に公開したサポート文書によれば、同社のサーバーやストレージ製品に使われている特定のSAS SSDにおいて、稼働時間が32,768時間を超えると、復旧が不可になる深刻な不具合が発生するとした。

情報源: HPEのサーバー向けSAS SSD、稼働32,768時間超えでデータ喪失。復旧も不可 – PC Watch

ナニソレコワイ。しかもNTTデータの子会社に着弾とかw

痛いニュース(ノ∀`) : NTTデータ子会社のクラウドが壊滅、ストレージのバグで戸籍や税務などのデータ全消失 – ライブドアブログ

注)一応日本HPEは上の件との関係は否定している。

コメントを残す