HTMLのcanvasタグ

お恥ずかしながら今日まで知らなかったのですが、Webブラウザ上でグラフィックのレンダリングを可能にするCanvasという技術があるそうです。HTMLのcanvasタグの中にJavaScriptでグラフィックを書いていく技術です。ブラウザでの描画範囲はcanvasタグの属性として記述します。(なんかどっかで見た気がする)
元々はMac OSXのDashboardのための技術で、Webブラウザとしては最初はSafariが対応し、現在はFireFox, Operaも対応しているようですが、残念ながらIE6/7は対応していません。
なんせ、JavaScriptを使用する技術なので、Googleが提供するJavaScriptベースのAPIやその他AjaxのAPIやGWTとの相性が非常に良さそうなので、この先大きく化ける可能性もありそうです。
近頃この手のJavaScriptの技術を見るたびに、最近のPCって早くなったんだなーと思いますが、私の心の奥のどこかにはまだDHTMLの辛い思い出があるので、どうしても何かわだかまりを感じます
Canvas tutorial – MDC:
http://developer.mozilla.org/ja/docs/Canvas_tutorial
Canvasのチュートリアルでよくまとまっています。
元ネタ
JavaScriptで図形を描くHTML要素「Canvas」の実例 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070111_canvas/

コメントを残す