Infopath, XML, Web Service

InfopathからのWeb Serviceの使用方法は完全にデータストアとして使い方となるが、それさえの見込めれば非常に簡単にサーバークライアントが作れる。(少なくともInfopath側は。)
それを難しくしてしまったり、できなくなってしまっているのは、InfopathからWeb ServiceのインターフェイスをCOMコンポーネントを呼び出すがごとき使い方をしようとしている場合だと思う。
所詮SOAPはエンペローブの中にXMLデータを格納することしかできないのだから、あまりRPC的な使い方をしようとしないことだと思う。.netを使うと簡単にそれができてしまうけど、常にそれが最善の選択ではないということですね。

コメントを残す