JenkinsとFxCopの組み合わせ

.NET Frameworkの静的解析ツールとしては、バイナリを解析するFxCopが有名です。

(FxCopについては:ツールボックス: .NET 用の静的分析ツール、Matt Berseth のブログ)

FxCopのレポート結果を確認するにはViolations Pluginを使用するので、インストールされていなければインストールしてください。

まずは、コマンドライン版のFxCopを使用して、静的解析を行うようにビルドのジョブを追加します。

image

Report Validationで以下図のように設定します。

image

設定保存後ビルドします。

以下のようにビルド結果にViolationsという項目と、そのグラフが表示されます。(以下は実際には設定後2回ビルドを行った。

image

ViolationsをクリックするとFxCopの解析結果にドリルダウンする。

image

image

なかなか良い感じです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください