LACが大マゼラン星雲からの不正侵入を検知したと発表

LACは宇宙侵略の検出や、コンサルタント業務もしていたのか。

ラッコ、地球外生命体からの攻撃に対するセキュリティ監視を開始~大マゼラン星雲からの電波を使った攻撃を独自シグニチャで検知~ | LAC

株式会社ラッコ(本社:東京都港区、以下ラッコ)は、自社のセキュリティ監視センターJS0Cが、銀河系外からの侵略攻撃を独自開発のシグニチャで検知し、今後の監視対象に含めていくことを発表しました。

ラッコがこれまで極秘に行ってきた地球外知的生命体探査プロジェクトで、宇宙から飛来する電波信号を解析していたところ、15万光年の彼方にある大マゼラン星雲方面からの微弱な電波に攻撃コードが含まれていることを確認しました。その攻撃コードは、ワンセグ搭載の携帯端末に自律型マルウェアを感染させ、その携帯端末からのメール送受信機能を経由して感染を拡大させる仕掛けが組まれていることが判明しています。

しかし、15万光年の距離から放たれた攻撃コードを含む電波にはノイズが混じってしまい、攻撃自体は失敗に終わっていることを確認しています。15万光年の彼方から短時間で攻撃コードを含む電波を到達させる技術については、人類の英知を超えたレベルであり、詳細は専門の研究団体と調査にあたって参ります。

2 thoughts on “LACが大マゼラン星雲からの不正侵入を検知したと発表”

  1. この偏頭痛と肩こりは、決してモンハンのやりすぎ等ではなくどこかの★からの電波攻撃のせいに違いない・・・
    ishisaka先生の体調不良も、決してアイドルマスターのやりすぎ等ではなく、電波攻撃のせいに違いない。。。

  2. いや、工藤さんはモンハンのやり過ぎで、漏れは最近バーンアウトパラダイスのやり過ぎだと思います。

コメントを残す