MicrosoftがGPL V2の下LinuxデバイスドライバソースコードをLinuxコミュニティへ提供

Linux向けのHyper-V用デバイスドライバだけどな。

Microsoft Contributes Linux Drivers to Linux Community: Roundtable Q&A: Sam Ramji, senior director of Platform Strategy at Microsoft, and Tom Hanrahan, director of Microsoft’s Open Source Technology Center, discuss the company’s release of Linux device driver code under General Public License v2.

MSがGPL v2の元ソースコードを世に出すと言うことがびっくりなニュースなわけです。

Hyper-V / Windows Virtual PCでLinuxが動かしやすくなるといいなぁ。

コメントを残す