Microsoftのシェアードソースライセンス中二つのライセンスがOSIによりオープンソースライセンスとして認められました。

OSI Approves Microsoft License Submissions | Open Source Initiative

OSIによりオープンソースライセンスとして認められたのは以下の二つのライセンスです。

Microsoft Public License (Ms-PL)
http://opensource.org/licenses/ms-pl.html
http://www.microsoft.com/japan/resources/sharedsource/licensingbasics/permissivelicense.mspx(日本語訳。日本版ライセンスでないことに注意)

Microsoft Reciprocal License (Ms-RL)
http://opensource.org/licenses/ms-rl.html
(日本語訳無し)

関連:

John Lam on Software: IronRuby is now an Open Source project!
http://www.iunknown.com/2007/10/ironruby-is-now.html

これで晴れてIronRubyもオープンソースプロジェクトとなりました。

追記(16:03)

Ms-RLの日本語訳リンク先が間違えておりましたので、削除しました。また、Microsoft Reciprocal Licenseの日本語訳は現在マイクロソフト株式会社よりは提供されていないようです。今回OSIにより認められたMicrosoft Reciprocal Licenseは従来Ms-RLと呼ばれていたMicrosoft Reference Licenseでは無いので注意してください。

コメントを残す