Microsoftはダブリンのデータセンター増強のために発電所を建設

Microsoft Azure is now available in 36 regions around the world, with plans announced for 6 additional regions. As the demand for cloud computing is sky rocketing, Microsoft is always in the mood for expanding their data center capacity to meet their customer’s needs. Microsoft already has 4 operational data centres in Dublin. Last year, it […]

情報源: Microsoft to build new power station with a capacity that could power 18,000 homes – MSPoweruser

Microsoftはダブリンのデータセンター増強に伴う市地域の電源不足に対応し、データセンター内に合計18MWの出力を持つ発電所を建設するようです。

ダブリン市域ではMicrosoft以外でもGoogle他がデータセンターの増強を予定しており、市域全体で電力不足による電力供給の不安定化が予想されていて、データセンターの安定稼働のために独自の発電所建設を計画したようです。

まぁこれくらいの電力になると買電するより自家発に切り替えた方がコストが安くなります。いっそ、500MWぐらいの発電所建設して売電で儲ければいいのにと思うのですが、ま、EU域内だと環境アセスとかすごくめんどくさくなりますからね。

One thought on “Microsoftはダブリンのデータセンター増強のために発電所を建設”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください