Microsoft Entity Framework June 2011 CTP

Entity Framework 4.1登場からまだ間もない気もしますが、次バージョンに向けCTPの登場です。

追加変更点は以下のようになっているようです。

  • Enum型のサポート(DB上の整数型を.NETの列挙型として扱える)
  • Spatialのサポート。SQL Server等のジオメトリ情報を扱う方に対応しました。(今まで無かったんだね)
  • Table Value Functionの追加。(ストアードプロシージャのようなものとかかれているけど。..)
  • 複数の結果セットを持つストアードプロシージャのサポート
  • Linqクエリの事前コンパイルとキャッシュ

Spatialのように明らかに足りない機能は別として、今回のアップデートは何となくRDBMS的な機能をEF側というか、こちら側に持ってこようというような意図に見えます。EFの対象がRDBMSだけならLinqクエリの事前コンパイルは必要なさそうな気もするのですが、高機能なクエリエンジンを持たないようなKVS対応とか考えると必要なかもしれませんね。

元ネタ:Announcing the Microsoft Entity Framework June 2011 CTP
http://blogs.msdn.com/b/adonet/archive/2011/06/30/announcing-the-microsoft-entity-framework-june-2011-ctp.aspx

ダウンロード

http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=26660

 

 

 

コメントを残す