Microsoft.Web.Helpers などのヘルパーのインストール方法

WebMatrixの場合

まずはWebMatrixをインストールします。

WebMatrixでサイトを作ります。

102

作ったサイトのサイトワークスペースで「ASP.NET Web ページの管理」をクリックして選択します。

103

デフォルトのブラウザが起動してサイトの管理パスワードの決定を求められるので、パスワードを決めて入力します。

104

ここに書かれている様にファイル名を変更し、ここをクリックをクリックします。

107

ブラウザでパスワードの入力を求められるので、先ほど決めたパスワードを入力します。

108

Webページ管理のページが表示されるので、ここから必要なヘルパーを入力します。

109

Microsoft.Web.Helpersであれば、上の丸で囲んだASP.NET WebHelper Libraly 1.1をインストールします。(基本的にチュートリアルの実行に必要なのでインストールしましょう)

110

111

インストール終了でこのような画面になります。

image

このようにXBox Liveのゲーマータグが表示される様にコードを追加します。

これを実行すると、次の様に表示されます。

image

Visual SutdioのMVC3プロジェクトの場合

MS エバンジェリストの井上さんに教えて頂きました。

MVC 3 RTMが正常にインストールされている状態で、MVC3でViewエンジンをRazorに設定したプロジェクトを作成します。

Visual Studioのメニューバーから「ツール」→「Package Manager Console」を選択し、選択すると

image

のようにコンソールが表示されるので、このウインドウ内のプロンプト「install-package microsoft-web-helpers」とコマンドを入力します。

こうすると、このプロジェクトにヘルパーのDLLが追加され、参照も追加されます。

元ネタ: http://twitter.com/#!/chack411/status/25603766413692928

コメントを残す