MSDN Magazine 2007 年 10 月

MSDN Magazine の目次: 2007 年 10 月

特集はマルチコア対応をするための現状でのテクノロジーについて。現状を強調したのは、マルチコアを通り越して今後8コアを超えるエニィコアに対応していくためには、CLRの改良、マイクロスレッド(Fiber)、言語仕様の拡張といった大規模な.NET Fxの改修が必要になるはずだからだ。如何に二次・三次キャッシュを壊さず、高速なMPU内のバス交信だけで処理していくかが、アプリケーション高速化のキーとなるだろうから、そのための必要な支援をランタイムが行う必要がある。その視点から見ると今のCLR(実際にはWindows)が提供するスレッドでは大きすぎるのだ。

コメントを残す