.NET 4.0 でのSystem.Shell.CommandLine Parsingを使用したコマンド列の解析

.NET 4.0 – System.Shell.CommandLine Parsing – Part 1 – B# .NET Blog

.NET Fx 4よりSystem.Shell名前空間が追加され、その中でコマンドライン関連のユーティリティクラスが追加されています。上の記事ではその中でコマンドライン引数の構文解析を行うためのSystem.Shell.CommandLine.Parsingの使い方について解説されています。従来のargv(引数の配列)をcase文等で自力解析する場合に比べてとてもスマートにコーディングできるのがよくわかると思います。

コメントを残す