.NET Framework 3.5 SP1からネットワーク共有先にある実行ファイルを実行可能に

Brad Abrams : .NET Framework 3.5 SP1 Allows managed code to be launched from a network share!

いままで、.NET FxがもつCAS(Code Access Security)の機能でネットワーク共有先にある実行ファイルの起動ができなかったのですが、SP1ではそれが可能になりました。\(^O^)/

\(^O^)/じゃねぇよ。

個人的にはあまりというか全くうれしくない。

元々マルウェア等が(自身を小さくするために)リモートのバイナリを引っ張ってくることの対策として、リモート先にある実行コードの起動を禁止したんじゃなかったのですか?もうそんな危険性は.NET Fxにはないのですか?世の中CASの設定はそんなに正しくされていますか?そんなこと知ったこっちゃ無いですかそうですか。

とりあえず死ねばいいのにじゃないあくまでも権利を持った管理者が解除してから動作するようにして、デフォルトでは殺しておいてくれないかな。

コメントを残す