Node.js VisualStudio IntelliSenseを公開しました。

Visual Studio 2012 / 2010向けにNode.jsのIntellisence用JavaScripのライブラリを作成し、以下に公開ました。

ishisaka/nodeintellisense · GitHub.

このライブラリは@kurouninnさんがbitbacketに公開されていたコードを元に0.8.17対応、不具合点の修正、動作上の向上、サマリコメントの追加などを行い、全面的改造を加えました。(Original https://bitbucket.org/kurouninn/node.js-visualstudio-intellisense)

@kurouninnさんには多謝。

Intellisenseが他のエディタやIDEの持つコード補完機能との大きな違いはドキュメントも一緒になって表示される部分であり、今回の改造作業では出来るだけクラスメソッドのサマリコメントを追加し、メソッド引数にも個人として重要と思われたか箇所についてはテキストを追加しました。

使用方法ですが、GitHubのREADMEにも書かれていますが、Node.jsのWebサイトのディレクトリに、nodelibフォルダを内容ごとコピーし、htmlファイルや、jsのファイルから参照します。

jsファイルであれば、ファイルの先頭のXMLドキュメントコメントで、node.jsファイルへの参照を追加します。

/// 

これだけです。これで以下の様にnode.jsのライブラリに対してインテリセンスが効く様になります。

intelisense_node01

もちろんメソッドの引数も。

intelisense_node02

既にnode.jsに関してはWebMatrixがインテリセンス機能を提供していますが、やはりコード編集は優秀なアドインも多いのでVisualSutudioで行いたい人も多いと思いますし、私もその一人なので作ってみた(改造してみた)次第。

とりあえずAlphaリリースとなります。不具合、改良点あればぜひGitHubのissuesにお願いします。もちろんPull Requestも大歓迎です。

4 thoughts on “Node.js VisualStudio IntelliSenseを公開しました。”

コメントを残す