Reactive Extensions v1.0安定版リリース、そしてv1.1試験版リリース

安定版リリースと次バージョンに向けたリリースが始まりました。

Reactive Extentionはすごく簡単に書くとデータPullじゃなくPushする技術です。クエリーしてループ回してデータを流し込むんではなく、流れてきたデータに対して反応(Reactive!)させていこうよと言うことです。

ダウンロードは以下から。

Reactive Extensions (Rx) v1.0.10621 :
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=26649

Reactive Extensions (Rx) v1.1.10621 (Experimental Release) :
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=26650

そのほかの開発リソース。

Channel 9 Rx Workshop: Introduction : 
http://channel9.msdn.com/Series/Rx-Workshop/Rx-Workshop-Introduction

Rx Documentation :
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=221892 (概要 英文)
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=221873 (リファレンス 英文)

Rx Forum:
http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/rx/threads

日本語だとneue ccさんの記事とかですかね。neue cc – Reactive Extensions入門 + メソッド早見解説表
http://neue.cc/2010/07/28_269.html

Code Recipeとかも
http://code.msdn.microsoft.com/Reactive-ExtensionsTwitter-b8238b51

コメントを残す