StyleCop + ReSharperで自動的にファイルヘッダー挿入させない方法

StyleCopとResharperを組合せ、ReSharperのCode Cleanup機能を使用すると、StyleCopで標準としているファイルヘッダー(以下)が挿入されますが、組織によっては不適切だったり,不要だったりして挿入させたくない場合があると思います。

StyleCopで規定しているファイルヘッダの例:

//-----------------------------------------------------------------------
// 
//     Company copyright tag.
// 
//-----------------------------------------------------------------------

この場合、まずStyleCopの設定で、FileHeaderに関するRule 1633~1649を無効にします。

SnapCrab_StyleCop 47 (47490) Project Settings - CUsersTadahiroDocumentsVisual Studio 2013ProjectsConsoleAppli_2015-7-26_11-10-23_No-00

次にReSharperのCode Cleanupの設定で同様にします。

SnapCrab_Options_2015-7-26_11-12-31_No-00

以上で、ヘッダの検知とReSharperによる自動挿入がなくなります。

また、以下のようにReSharperの設定でUpdate File Headerのオプションを付け、File Headerの設定を付けておけば、自分の組織のオリジナルのファイルヘッダを付けることもできます。

SnapCrab_Options_2015-7-26_11-16-11_No-00

One thought on “StyleCop + ReSharperで自動的にファイルヘッダー挿入させない方法”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください