VB6はどこまで生き延びることができるか?

VB6はどこまで生き延びることができるか? - Blog on Publickey

日本での現在の調査結果は見つかりませんでしたが、僕が知る範囲でも、新規開発で使われている例はさすがにありませんが、過去にVB6で開発されたパッケージソフトのカスタマイズを案件ごとにVB6で行っているという例はまだ少なくないようです(VB5で開発されたパッケージですらまだ現役で使われているようです)。こうした現状があるからこそ、マイクロソフトはいまだにVBマイグレーションセンターのリニューアルなどに勤めているのでしょう。

いや、まだ新規案件の話とか聞くから。。。

記事にある通りまだ10年ぐらいは残ると思う。

とりあえず、VB6から.NET Framework環境へのマイグレーションは以下を参照。

VB マイグレーションセンター

まぁ基本作り直す覚悟は必要ですが。。

コメントを残す