Visual Studio 2017 Update 2とVisual Studio for Macが正式リリース

情報源: A fresh update to Visual Studio 2017 and the next preview | The Visual Studio Blog

Visual Studio 2017 Updare 2(15.2)が正式リリースとなりました。

  • Python向けのツールが追加されました。従来のPython Tools for Visual Studioに相当します。また、Python本体、アナコンダのインストールもサポートされます。
  • データ サイエンスと分析のアプリケーションが追加されました。ここではR言語のサポート、Rのランタイム、Microsoft R Client、cokiecutterがインストールされ、上のPythonが戦たくれていなければ、Python, アナコンダもインストールされます。
  • ReShaper 2017.1のlightweight modeが正式にサポートされます。
  • Xamarin 4.5で従来のプロパティーページがプロパティページとマニフェストエディターに分割されました。
  • Visual Studio Tools for UnityではUnity 5.6がサポートされ、インストールされます。
  • TypeScriptのサイドバイサイド実行がサポートされます
  • Linux C++開発が向上しました。
  • CMakeメニューがフィードバックに基づき変更されました。
  • 診断ツールウインドウで、リソース上限を設定できるようになり、上限に達すると自動的に診断ウインドウが停止するようになりました。その場合でもデバッガ自体は継続しています。これは長時間のデバッグを行っていると診断ウインドウが大量のリソースを消費する事へのフィードバックに基づいています。
  • インストールパッケージキャッシュの移動、削除が可能になりました。

Visual Studio For Macが正式リリースとなりました。

Visual Studio 2017 for Macリリースノート

コメントを残す