Visual Studio 2008 Shell

昔、こんなことを書いたが、それがいよいよ本格化してきたようです。

Visual Studio 2008 Shell

Visual Studio 2008 ShellはVisual StudioのIDEを使って、独自の開発ツールの作成を行うための物で、VS IDE環境をカスタマイズするための環境が用意されます。

カスタマイズはIntegrated Modeと呼ばれるVS自体に自分が開発したツールを組み込みモードとIsolated Modeと言うVSとは独立したアプリケーションとして開発するモードがあります。

前者のIntegrated Modeは今までのVS SDKでの拡張機能開発と同等と考えられます。Isolated Modeは今までのVS SDKにはない考え方ですね。新たなソフトウェア開発ツール、あるいは開発に近い設定作業を行うような場合には強力なツールとなるでしょう。

Visual Studio 2008 Shellが登場した背景にはEclipseとその周辺ツールによる強力なエコシステムが有りそうです。

それでも、我々が強力なツールを得たことは間違いなく、こんなツールが登場することを期待して止みません。MSが望むとおり、強力なエコシステムが生まれることを期待しましょう。

Visual Studio 2008の最新情報を確認するには以下のBlogフィードを確認していくのが良さそうです。

VSX Team Blog:
http://blogs.msdn.com/vsxteam/

コメントを残す