Visual Studio Tools for Git extension Version 0.8.0

 

Visual Studio Tools for Git extension

Visual Studio 2012 Update 2 CTP 4のリリースに合わせて、Visual Studio Tools for Git extension(VSTG)もアップデートされ、0.8.0となりました。若干改良が加えられ、競合の解決がやりやすくなったようです。

と言うことで試してみます。

サンプルとして、今回はローカルのREADME.mdとGitHubのREADME.mdで競合が発生するよう編集し、それぞれでコミットしています。

Pullして、ローカルとリモートとの間で競合が発生した場合に、以下のような表示になります。

素直にリンク先に飛びます。

 

image

競合しているファイルが表示されるので、選択します。

 

image

とりあえず、Diffを見てみましょう。Compare Filesをクリックします。

image

差分表示されます。自動マージは難しそうですね。

チームエクスプローラに戻ってMergeをクリックします。

image

マージ画面が表示されます。Source側の競合箇所にチェックを入れて、ソースをマージします。

image

左上のマージ許可をクリックします。これでマージ終了です。

image

これで競合が修正されました。Chnagesに戻ると以下のように修正が終わったメッセージが表示されます。

image

競合の解決方法はTFS的にはおなじみな感じですかね。

その他問題点

PMコンソールでGitのコマンドラインが使えなくなってしまいました。VSギャラリーのも確かに説明が無く、削ってしまったんですかね。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください