Visual Studio vNext

ということでアトランタで北米TechEdが始まり、 Visual Studio の次期バージョンについても話題が出てきました。

中心となる話題は ALM (Application Lifecycle Management) へのツール強化でTFSの話題が主体です。基本的に Scrum 前提のようで、Scrumのサイクルを開発だけでなく運用まで含めて回していくかんじです。

詳しくは以下のサイトからWhite Paperを落としてご確認ください。

VISUAL STUDIO ROADMAP
http://www.microsoft.com/visualstudio/en-us/roadmap?sf1468182=1

後こちらのBlogも。

http://blogs.msdn.com/b/jasonz/archive/2011/05/16/announcing-alm-roadmap-in-visual-studio-vnext-at-teched.aspx

個人的にALMはツールの話ではなく、基本的に政治と会計と契約の話だと思うのでそちら側の解決方法を何とかしないと難しいなぁと。どっかの大手ショッピングモールさんなんかでも開発部門はPCにいて運用部門はCCだったりしているようで、そんな組織、会計区分になっていて、それも理由で組織対立になってるんだからALMなんて絵に描いた何とかでしかないよなーと遠い星空を見上げてしまうのです。アメリカってこの辺どうなってるんでしょう。きっとみんなそっちの方が聞きたいw

One thought on “Visual Studio vNext”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください