Entity Framework Power Tools CTP1 Released

なんかまたこういうツールが。。。

まずは "Reverse Engineer Code First" 。

えーっと。ご想像の通り既存データベースから Code First のコードを作成します。何て言う小悪魔ちゃんなんでしょう。

プロジェクトを右クリックします。

ProjectMenu

 

データベース接続のダイアログがでるので接続設定をすると次のようにコードが追加されます。

image

マーカー部分が追加されたコードです。

EntitiesはEntityクラス(そのまんまですが..)、MappingにはEntityクラスを実際のテーブルにマッピングするためのクラスが格納されているようです。

Ef2Context.csはこれもそのままDbContextクラスです。

まぁなんていう。。

ソリューションエクスプローラーでDbContextクラス(を継承したクラス)を含むファイルを右クリックすると次のようなメニューになります。

ここで、一番上のView Entity Data Model(Read-only)を選択すると、以下のようにこっそり裏で作成されているEntity Data Modelを見ることができます。(今までのEntity Frameworkのサンプルコードを使用)

image

とまぁ、こんな感じで皆さんの Code First Life を充実させてくれる物になりそうです。

元ネタ:EF Power Tools CTP1 Released – ADO.NET team blog – Site Home – MSDN Blogs

ダウンロード:http://visualstudiogallery.msdn.microsoft.com/72a60b14-1581-4b9b-89f2-846072eff19d

コメントを残す