Visula Studio 2015インストール後にWinDbg(デバッガ)をインストールする方法

Visual Studio 2015インストール時にWindows SDKがインストールされますが、その詳細なオプションについては選択出来ません。これによりWinDbg他はインストールされていないので、WinDbgを含むデバッギングツールのインストール方法についてまとめます。

まず、Win + Xかコントロールパネルよりプログラムと機能を選択し、表示させます。

capture-2016_10_03_1749_26-001

その中で上図のように該当する(通常は最新の)SDKを選択し、変更をクリックします。

capture-2016_10_03_1750_37-001

Changeを選択肢、Nextをクリックします。

capture-2016_10_03_1751_19-001

Debugging Tools for Windowsにチェックを入れ(上図は入っていません)、Changeをクリックします。

capture-2016_10_03_1752_30-001

ダウンロードとインストールが開始され、

capture-2016_10_03_1752_48-001

インストールが完了します。

インストール完了後はスタートメニューのWindows KitにWinDbgが表示されます。

capture-2016_10_03_1753_13-002

また、Windowsのデバッグシンボルパッケージは以下のページに各Windows毎のリンクがまとめてられています。

https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/download-symbols

コメントを残す