WebMatrixで認証Proxyが原因でMicrosoftアカウントとの紐付けやWindows Azure Webサイトと通信が出来ない場合の対処方法

WebMatrix3からマイクロソフトアカウントとの紐付けがされるようになりましたが、認証Proxy等々使用されている場合に、このアカウント認証に失敗します。また、このような環境では、Azureとの通信もうまくいきませんね。

こういうときは、以下の内容をC:\Program Files (x86)\Microsoft WebMatrix\WebMatrix.exe.configファイルのconfigurationセクションに追加します。

  <system.net>
    <defaultProxy useDefaultCredentials="true">
      <proxy usesystemdefault="true"/>    
    </defaultProxy>  
  </system.net>

上記設定はIEで問題無く認証Proxy経由でマイクロソフトアカウント認証などが可能な場合での設定です。

まとめ。

認証Proxyはうざすぎるので逝ってよし。

3 thoughts on “WebMatrixで認証Proxyが原因でMicrosoftアカウントとの紐付けやWindows Azure Webサイトと通信が出来ない場合の対処方法”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください