Windows 10 SでWSLは動くのか?

情報源: Will Linux distros run on Windows 10 S? – Windows Command Line Tools For Developers

教育分野用のWindows 10のエディションとして、Windows Sが先頃発表されました。このWindows SはWindowsストア経由でのアプリケーションのインストールが行えませんし、ストア経由でインストールしかアプリケーションを実行できません。また、先のBuild 2017ではWSLのユーザーランドがUbuntuだけでなくSUSE, Fedoraが追加され、それがストア経由で選択してインストール出来るようになることが発表されました。

そこで、誰もが疑問に思うのがそれだったらWindows SでWSLが動くんじゃ無いかって事です。

答えはNO

理由はWSLが前提としているデスクトップブリッジが広範な権限を必要とするため、Windows Sでは動かないから。記事では同様な理由でWindows Sは開発者向けではないとしています。

Surface LaptopのようなWindows SがプリインストールされたPCを入手した場合には、Pro等へのアップグレードが必要となります。

コメントを残す