Windows Server 2008 R2 と Windows 7 での新しいNUMAサポート

AMDはもちろん、ネハレン以降のIntelもマルチプロセッサのアーキテクチャがNUMAになってしまうわけで、 WindowsがサポートするプラットフォームのほとんどはNUMAという状況になるのでNUMAのサポートを強化する必要があるわけです。

New NUMA Support with Windows Server 2008 R2 and Windows 7 – Home

狙い的にはタスク切り替え時にNUMAのプロセッサグループをまたぐ形でスレッドが移動してしまうとプロセッサ間でのメモリ転送のコストが大きいので、プログラマがちゃんと書けばスレッドをむやみにプロセッサグループ間で移動しないようにできるよってところですかね。(ちなみに実際問題としてこの資料で言われているプロセッサグループは複数コアを内蔵する物理プロセッサを実際には指すと思います。)

この辺インテリジェントにCLRでラップしていただけるとありがたいです。

コメントを残す