WinFXその2

WinFXですが、冷静に見ると今の.net Frameworkとは違うところが結構ありそうです。特に違うのがSystem.Windows名前空間で、今までSystem.Windows.Form以下にあったはずのUIコントロールがSystem.Windows名前空間に移動していたりします。ですので、現在の.net Frameworkのコードをそのまま変更なしにWinFXに移行することは難しそうです。(バイナリはSide by sideでちゃんと動作すると思いますけど)

ですので、今後の我々がとるべき戦略としては、マネージドコードでソフトウェアシステム構築するというのは「当たり前」としても、プレゼンテーションレイヤとビジネスロジックレイヤを明確に分離するように設計し、来るべきプレゼンテーションレイヤの更新に備える必要があります。(ついでに書くならデータアクセスレイヤも「どうせ」書き換えが必要になるので、これも交換可能なように設計した方がよろしいでしょうな。)

コメントを残す