オフショアリングの終焉とライバル

ZDNet Japan Blog – エンタープライズニュースの読み方:グリーンスパンの「謎」とオフショアリングの終焉

日本へのインパクト
日本のITセクターからのオフショアリングはインドよりも中国の方が大きい。それは、中国の方が日本語に堪能なエンジニアが多いことや距離的な近さなど複数の要因によるだろう。そのために、インドの高付加価値サービスの日本への流入速度は遅かった。しかし、逆に中国が高付加価値サービスへ乗り出せば、その流入スピードはかなり速いものとなるだろう。

高付加価値を狙えばすぐに実現できるというものではないが、その転換点が訪れるまでグリーンスパンによれば3年も無い。そのときオフショアリングという概念は終焉し、グリーンスパンの「謎」も解消するのである。

つまりあと3年で「下請け」だと思っていたところが強敵となるわけだ。そんな短い時間で、日本のソフトウェア開発業界はこの強敵に立ち向かえるだけの体質改善が可能なんだろうか。

コメントを残す