カーネルトランザクションマネージャ

Kernel Transaction Manager – msdn Lib.
Windows Vistaから搭載される、Kernelとして動作するトランザクションマネージャ。NTFS、レジストリ、つまりWidowsが持つストレージシステムに対してのトランザクション機能を提供する。カーネルモードで動作するので、従来のDTCなどによるトランザクション処理に比べより高速に動作することが期待できる。
某mixi日記を読んで、調べてみた。
Windows VistaはAeroやIE7といった派手な部分だけではなくて、こういったあまり日の目を見ない部分での重要な進化こそが本当には重要だし、まだまだ知らない部分が多いと思う。

コメントを残す