マイクロサービスアーキテクチャと異なる選択肢、サービスに基づくアーキテクチャ

ThoughtWorksディレクターのNeal Fordが最近の講演で論じたところによると、組織は一枚岩アーキテクチャからマイクロサービスアーキテクチャに移行するよりも、サービスに基づくアーキテクチャへ移行するほうが容易とのことだ。FordがUberConf 2016で話したサービスに基づくアーキテクチャとは、サービス指向アーキテクチャとマイクロサービスアーキテクチャの中間点である。

情報源: マイクロサービスアーキテクチャと異なる選択肢、サービスに基づくアーキテクチャ

SOAとMSAとの折衷案としてService-Based Architecture(SBA?)が提唱されたようだ。(スライド)

ThoughtWorksの人間にこういうことを言われると、お前らが今更言うかって感じにしかならいけど、ま、そういう会社だし。

簡単に自分なりにまとめてみると、既存のモノシリックなシステムのデータ分割はやっぱ無理ゲーだと理解したので、データ分割しないよう(しなくても良いように)にするけど、やっぱりでっかいままだとハンドリングが悪いので、もう少し何をしたいかから見なおして、モノシリックなシステムを分割していこうぜって感じかと。(雑だ、すごい雑だw)

これだとMSAよりも大きな組織、長いライフサイクルでの開発になるけど、それでもAgility大事だし、仕事の進め方的にはMSAと余り大きく変わらないかなって感じ。ただやっぱりデータ分割しなくて良いって言うのは心理的にもだいぶ楽な感じにはなると思う。

上手くいくかは知らんけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください