書評: 裏口からのC#実践入門

もともと悪いコード・やってしまいがちなコテ先の変更をしただめなコード・良いコードへの改善の対比で、C#/.NETでの良いコードの書き方を説明していて、恐らく著者が嫌になるくらいのダメコードを見た来た結果が凝集されていると思う。

超人物3人の漫談調で語り口が軽妙だし、基本的にC#を初めてからあまりたっていない人や、Java等の多言語から移ってきたばかりの人が読むのに良い本だと思う。多分書き方が変わればEffective C#的な本になっていたのだと思う。

そう。もしもう少し踏み込んでより良いC#のコードが書きたいのであれば、このあとにEffective C# 4.0等読み進むのが良いと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください