書評 : 7つの言語 7つの世界

Bruce A. Tate
オーム社
発売日:2011-07-23

邦題「JavaからRubyへ」の著者であるブルース テイトによる7つのプログラミング言語の紹介書。紹介されている言語はRuby, Io, Prolog, Scala, Erlang, Clojure, and Haskellと、進級取り混ぜといった感じはあるが、今ホットな言語が並んでいる。本書には、7つのプログラミング言語の紹介とコア部分を学ぶためのプラクティスが書かれているが、環境のインストール方法等は一切省かれているし、あまり補足説明はないので、入門ではなく、それなりの技量のあるプログラマ向けの言語紹介書と言った説明が本書には適切だろう。

見ての通り関数型と言われている言語が中心であり、かつほぼスクリプト言語という点が筆者の「センス」の現れだし、良さだと思う。

今後ソフトウェア開発は大規模集中ではなく、分散開発とマッシュアップ、コンパイルとCASEツールによる品質維持とインストーラー作成ではなく、自動テストによる品質と開発効率の維持、継続的開発と継続的展開に切り替わっていく課程で、開発言語もよりラピッドな言語、実行環境に移っていくだろう。そのときの有力な候補がこの7つの言語の中にあると思う。

コメントを残す