書評: Programming Razor

Programming Razor
Programming Razor Jess Chadwick

Oreilly & Associates Inc 2011-09-22
売り上げランキング : 314942

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ASP.NET Web PagesやASP.NET MVCのビューエンジンとして使用されるRazorの解説書です。99ページ。すぐに読めます。英語も難しい表現はあまりありません。

RazorはASP.NET WebFormがどちらかというとコードビハインドという仕組みに見られるように従来のVBやDelphiのようなGUIデザイナが中心のRADツールのユーザーを対象としたビューエンジンでしたが、Razorはそれと比較するとかつてのASPやPHP, JSPににてHTMLインラインにスクリプトを書いていく方法で、その記述方がRazor構文です。

本書は、Razorを使って気軽にWebページを作ろうと言うよりも、Helperの作成を考えている人や、ASP.NET MVCのViewエンジンとしてRazorを使おうとしている人向けの本です。ですので、入門書ではないので入門書を探している人は注意をした方が良いです。

どちらかというとMSが出している自習書の次に読むと良い本なのではないかと思います。

Razorの開発効率性の向上は、いかにできるヤツがどれだけちゃんとしたヘルパーを先に用意してプロジェクトに挑めるかにかかっているように思います。そういう点でRazorは思ったより全然お気軽ではなくて、事前設計がとても重要なんじゃないかと言うのが読後の感想です。

ここでも簡単に作れるけど簡単じゃないと。

追記(22:51):

本書で紹介されているRazorPadがおもしろいです。

ちょこっと書いたRazorをすぐに楽しめるほかに、生成されたC#のコードやパーサーの結果などを確認することができます。

RazorPad: http://razorpad.net/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください