3 thoughts on “気になる本 : The Root of .NET Framework”

  1. メタデータをPEファイルのダンプとCLRの実行時の構造の両面から説明しているのがChapter3です。後は、CLR固有の技術とCLIとの比較から検討していくというのが基本路線になっています。
    最後に逆P/Invokeなども解説しています。

  2. おお。コメントありがとうございます。
    最近CLRのベーシックなところの情報が希薄になっているので、タイミング的には良さそうな気がします。
    Amazonでは目次も公開されていますね。
    なんかダンプ解析本が出たりと、年末は基礎部分学習がブームなのかな。

  3. 予約しまつた
    あとでアフェリエイト代金が管理人に入ると思うので、なんか奢ってもらうために管理人の住む●●川沿いの高級マンションに97度ウォッカ持って突入します。
    んで、WMPやIEの履歴にある恥ずかしいアドレスだけを収集しBlogで公開しようと思います。
    年末年始は不景気な情報を遮断して.NETの世界に埋没させていただきます。。。あとは狩りだなw

コメントを残す