自宅のルーターをI・O DATAのWN-DAX3600XRに変更とTOKAIケーブルネットワークがipv6に対応していた件

 「WN-DAX3600XR」は、アイ・オー・データ機器のラインアップではフラッグシップに位置付けられるWi-Fi 6ルーターだ。

情報源: 10Gbps×2の高コスパWi-Fi 6ルーター、アイ・オー「WN-DAX3600XR」、割り切り感で高スペック低価格を実現【イニシャルB】 – INTERNET Watch

こともあろうに、新PC設置中にルーター(Buffalo WRX-5950AX12)でインターネットに接続出来なくなり、少しトラブルシュートするも改善せず、前々から、Intel AX200のWIFI6で接続するとルーターが突然再起動するトラブルがあったので、この機会に新規にI・O DATAのWN-DAX3600XRを購入して交換しました。

Internet Watchの記事にあったように、めんどくさい機能は一切無いかわりにWAN/LANとも10G BASE-Tでありながら低価格になっています。DHCPサーバー機能にMACアドレスで固定IP割り振る機能ぐらいはあっても良かったんじゃないかな。

後嬉しい誤算としては、ルーターをこれに変更してからipv6が疎通しました。前のルーターで何で出来なかったのかが謎のなのと、そもそもTOKAIケーブルネットワーク、われipv6に対応してのかいっていうお気持ちに。とりあえず良かった。

コメントを残す