10 Years of Git: An Interview with Git Creator Linus Torvalds

10 Years of Git: An Interview with Git Creator Linus Torvalds | Linux.com.

Gitの開発が始まって10年になるに当たってのLinusへのインタビュー。

意外に古いと思われた方も多いかもしれない。実際10年前の国内状況を思い出してみると、CVSやあのVSSからSubversionへの移行を試みていた時期ではないでしょうか。

Gitは4年ほど前までは、いくつかあるDVCSの一つという位置づけで、当時はアトラシアンのbitbacketがHgだったっこともあって、Hgの方が優勢ぐらいだったと思うが、全てを変え、他のDVCSを無かったかのようにしてしまったのがGitHubだったと思う。GitHubが明確に打ち出したSocial Codingの考え方が多くの人とプロジェクトを引きつけ、インフレーションを起こした。そのインフレーションはGitHubだけでなく、Git自体にも相乗的に起きた。それはアトラシアンが看板商品であるbitbacketとSourceTreeでGitに対応し、今ではHgが無かったかのようにGitの会社のように振る舞っているのからも明らかだ。

Gitの魅力は今となっては利用者の多さとGitHubになってしまうが、もともとはLinux Kernelの開発のために作られたように、Unixwayな思想に基づいて作られたGitがOSSやWeb開発に適していたからだろうと思う。また、OSSだけでなく、コマーシャルなプロダクションの開発においても、オフショアなどで開発拠点がグローバルに分散していく中でのDVCSへの期待と需要が高まった時期とうまく重なったのだと思う。

Lnuxがインタビューで答えたようにGitが未来永劫不滅だとは思わないないけれど、まだしばらくの間はVCSの中心となっていくと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください