Project Verona、Rustから着想を得たMSの新言語リサーチプロジェクト

GitHub – microsoft/verona: Research programming language for concurrent ownership

Rustなら、Rustでよいのでは?と言うお気持ちになる、MSのリサーチプロジェクトです。昨年から話には出ておりましたが、GitHub上にプロジェクトが公開されました。

一応、Rust, Cyclone, Ponyを参照しつつ新しい言語を 研究する プロジェクトです。過去にもMSではCΩのような研究用途の言語プロジェクトは多くあり、F#のようにそのまま製品となったものもありますが、むしろそちらの方が例外です。

どちらにせよ、MSとしてはセキュリティ的な理由でC/C++については諦めたようなので、何らかのアクションが必要なのも事実で、個人的には新言語より、研究成果をRustに還元していく方が皆さん幸福になれるんじゃないですかねというお気持ちです。

スバルは2030年代半ばまでに電気自動車だけにする計画

Subaru will end production of its horizontally-opposed engine to focus solely on electric cars by midway through the 2030s. It will develop EV tech with Toyota.

情報源: Subaru to go electric-only by the mid 2030s | Autoblog

Auto Blogの記事によると、スバルは2030年までに販売する車の40%を電気自動車もしくはハイブリッド車にし、30年代半ばまでにはその比率を100%にまで引き上げる計画のようです。

特に中国およびEUでのCO2排出規制がますます厳しくなる中、この決定が成されたようです。当然一晩で状況が変わるわけでもなく、スバルの株式を8.7%持つトヨタ自動車とのアライアンスを活かして、電気自動車の共同開発を行っています。ロイターとのブリーフィングでは「トヨタのテクノロジーを使用していますが、明らかにスバルのハイブリッドを作りたいと思います」「CO2排出量の削減だけではありません。車両の安全性と全輪駆動のパフォーマンスをさらに改善する必要があります。」と、最高技術責任者の大貫氏は語り、「当社の歴史を通じて培ってきた自動車製造に対するスバルの強いコミットメントと献身は変わりません」と中村社長は語っています。

ロイターの記事: Subaru sets mid-2030s target to sell only electric vehicles – Reuters