Forza Horizon 4 シリーズ36アップデート #ForzaHorizon4

Forza Motorsport – Forza Horizon 4 | Series 36 Update

相変わらずの雑訳。

ホライゾン・フェスティバルでシリーズ36に登場する新型車の詳細を早速ご紹介します。今すぐ手に入れよう!

1972 Mazda Cosmo

1960年代半ば、アメリカ、イギリス、ソビエト連邦、およびその同盟国は宇宙開発競争に巻き込まれ、それぞれが星に到達するための優位性を持つ新技術の開発に資源を投入していました。

日本の自動車メーカーが、独自の新技術で名を上げようと考えたとき、このような環境がありました。そこでマツダは、バンケル式ロータリーエンジンに照準を合わせ、それに見合う車を作ることに専念しました。

1967年に発売された初代コスモは、”ハローカー “と呼ばれていました。ハローカーとは、メーカーが将来の車の開発のために新しい技術を開拓するために作る車のことで、たとえハローカー自体が実用化されることはないにしても、そのような車を作ることを意味します。そしてそれは成功しました。しかし、ロータリーはマツダの主力技術となり、数十年の間に数多くの車に搭載されました。コスモのロータリーエンジンは、少ない排気量で高出力を発揮し、可動部品が少ない。そのため、コンパクトなボディにスムーズでパワフルなエンジンを搭載することができました。

コスモは、ロータリーエンジンを中心に設計された車でありまる。マツダは、宇宙開発競争の影響を受けながらも、サンダーバードやジャガーEタイプといった最近の車にも影響を受けて、コスモのスタイリングを作り上げていきました。また、ロータリー技術の価値と信頼性を証明したいという思いから、シリーズ1のコスモをニュルブルクリンクの84時間マラソン・デ・ラ・ルートに出場させ、4位に入賞させています。

コスモの最終モデルは1972年に発売されました。

この先駆的なハローカーは、秋に開催されるシーズン・チャンピオンシップ「マツダ・ガイド・トゥー・ザ・ギャラクシー」をクリアすると手に入れることができます。

Continue reading Forza Horizon 4 シリーズ36アップデート #ForzaHorizon4

プライド月間でレインボーカラーのFord Focusのギフト #ForzaHorizon4

毎年6月はLGBT+の権利や文化、コミュニティーへの支持を示すプライド月間です。これをお祝いして、レインボーカラーのFord Focusがギフトで送られてきていますので、メッセージをチェックしましょう!