「UWP」カテゴリーアーカイブ

新しいWinDbgのpreviewが登場! 

We are excited to announce a preview version of a brand new WinDbg. We’ve update WinDbg to have more modern visuals, faster windows, a full-fledged scripting experience, built with the easily extensible debugger data model front and center. I’ll start this by saying that WinDbg Preview is using the same underlying engine as WinDbg today, […]

情報源: New WinDbg available in preview! – Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows

ここ20年ぐらい大きく変化する事の無かったWindows標準のデバッガであるWinDbgですが、ここに来て大きくUIが変化し、機能強化されることになったようです。とは言ってもエンジンの動作は基本的に今までと同様に動作するので、いままで自分で作ったコマンド拡張やワークフローは変わらないので今までと同じように使用できます。

なんと、リボンUIですよ!

ものがものだけに詳細は情報源を読んで頂くとして、気になるところだけ。

ダウンロード/インストールがストアから

ダウンロード、インストールがストアからになります(現在まだ実際のインストールは出来ません)。インストールにはWindows 10 Anniversary Updateが必要になります。

https://www.microsoft.com/en-us/store/p/windbg/9pgjgd53tn86?SilentAuth=1

フィードバック

フィードバックはフィードバックHUB寄りの受付となります。

ドキュメント

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/debugger/debugging-using-windbg-preview

ビデオ

UIの変更

正直WinDbgはユーザーフレンドリーとはかけ離れたインターフェイスでしたが、使いやすくするために以下のようの変更がされています。

  • リボンUI化する事で目的に合わせた操作を見つけやすくなっています。
  • ファイルメニューの改善により、目的に合わせ、まず何から始めなければならないのかわかるようにしました。
  • ソースウインドウが改善され、最近のエディタのように見えるはず(つまりシンタックスハイライトによる色づけぐらいはやっと付いた)。
  • ダークテーマが選べる!
  • とにかくあちこち直しました。Watchの類もとにかく改良しました。
  • 組込スクリプト環境。JavaScriptとNatVisをデバッガの中で編集して実行できるようになりました。スクリプトウインドウではエラーの強調表示、インテリセンスがあり、簡単にスクリプトを実行できます。

感想

やっと直す気になったかという感じですが、試用に当たっていまさらRS1を用意しろというのもちょっと困ったものです。という事でしばらく実際の試用はRS2/3に対応してくれるまではないかなと言う感じ。

COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge

The Windows 10 Creators Update adds out-of-process (OOP) COM and OLE support for apps on the Desktop Bridge – a.k.a Packaged COM. Historically, Win32 apps would create COM extensions that other applications could use. For example, Microsoft Excel exposes its Excel.Application object so third-party applications can automate operations in Excel, leveraging its rich object model. […]

情報源: COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge – Building Apps for WindowsBuilding Apps for Windows

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15019 for PC

Memo.

Hello Windows Insiders! Today we are excited to be releasing Windows 10 Insider Preview Build 15019 for PC to Windows Insiders in the Fast ring. FYI: This build does have some platform related bugs…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15019 for PC

ゲームモード、Beamへのストリーミング、UWPではないPCゲームでのフルスクリーンでのゲームバー対応、Hyper-Vクライアントでの画面の自由リサイズなど。

ちなみにBeamへのストリーミング(ゲーム実況)機能はXBox Oneの時期ソフトウェアアップにも踏査される予定です。

Desktop App Converter について – 荒井省三のBlog

情報源: Desktop App Converter について – 荒井省三のBlog

完全信頼が必要なデスクトップアプリをストアに上げるのは大変という話。

単純にDACかけてアップロードは出来ずに、英語で必要事項登録した上で、MS(US)の担当者とネゴが必要というプロセスに現状なっているようです。こりゃ大変だ。まぁでも基本的にUWPは分離プロセスで動作するので安全が前提なので、そこが適応できない物については慎重なプロセスになるのも仕方ないですね。

Forza Motorsport 6: ApexがBetaではなくなり、ホイールコントローラのサポートを発表

情報源: Forza Motorsport 6: Apex Comes Out of Beta With Wheel Support

9/6よりForza Motorsport 6: ApexからBetaが外れるようです。しかもフリーのまま。すごい!

また、Forza Motorsport 6: Apex、もうすぐ発売されるForza Horizon 3でホイールコントローラの対応が発表されています。対応コントローラは以下のようになっています。

  • Logitech G27 Racing Wheel
  • Logitech G25 Racing Wheel
  • Logitech G29 Racing Wheel
  • Logitech MOMO Force Feedback Racing Wheel
  • Thrustmaster T300RS
  • Thrustmaster T500 RS Gaming Wheel
  • Logitech G920 Xbox One Wheel
  • Thrustmaster T150
  • Thrustmaster TX Xbox One Wheel
  • Thrustmaster TMX Xbox One Wheel
  • Thrustmaster RGT Force Feedback Racing Wheel

Forza Horizon 3もすごい楽しみです。Forza Horizonは4で日本の御殿場・箱根から湘南あたりが舞台になりませんかね。それかForza 7で箱根が復活して欲しい。

【学生限定】Microsoftプログラミング技術全国ハンズオンツアー -浜松会場

情報源: 【学生限定】Microsoftプログラミング技術全国ハンズオンツアー -浜松会場- – connpass

Microsoft Student Partnersの主催で8月11日、来週木曜日、山の日に、静大浜松キャンパスで開催されます。

MSP主催のため学生限定です。学生証を持っていないおっさんは参加出来ないみたいです。

急なお知らせで申し訳ありませんが、県内理工系の学生、専門学校生、高校生のみなさんは参加されてみてはどうでしょうか。

参加費自体は無料ですが、会場までは自力で行く必要があります。また、ハンズオン主体の実習のため、Azureのハンズオン以外以下の用意が必要です。

参加されたい方や、勉強会の詳細内容については上情報源にありますリンク先のConnpassのページを確認してください。

Visual Studio 2015 Update 3 

情報源: Visual Studio 2015 Update 3 and .NET Core 1.0 Available Now

Visual Studio 2015 Update 3 Release Note.

  • Tools for Apache Cordovaのアップデート。
  • Developer Analytics Toolsのアップデート。.NET Coreへの対応など。
  • C++ Edit and Cotinueの強化。
  • XAML UIの強化。
  • サブスクリプション・プロダクトキー管理機能の改善。
  • Tools for Universal Windows Appsの改善。
  • Architecture Toolsの強化、改善。
  • Node.js Tools for Visual Studio
  • Web Developer Tools。
  • Visual C++の強化。
  • TypeScriptのバージョンが1.8.34へ。
  • C#,VBでの機能強化。
  • TeamExplorerの改善。
  • Xamarinのアップデート

既出の問題点https://msdn.microsoft.com/vs-knownissues/vs2015-update3

Download: Visual Studio Update 3

MSDNサブスクライバダウンロードにはUpdate 3とUpdate 3適応済みVS2015のISOが公開されています。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14366 & Mobile Build 14364

Hello Windows Insiders! WOW, what a week. You all were on fire last week with the all of the feedback for the double dose of PC + Mobile. I also appreciated you sharing your career/business goals w…

情報源: Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14366 & Mobile Build 14364

だんだんアニバーサリーのリリースが近づいてきているためか、今回は安定性向上と言った感じですね。

Windows 10のUWPアプリケーションが突然動かなくなり、最終的に起動もしなくなった件

Windows 10のスタートメニューを含むUWPアプリケーションが、Windows起動後しばらく立つと無応答になって、そのうちに起動もしなくなってしまうと言う現象に悩まされていました。

Windowsのイベントログ(アプリケーション)で関連しそうなイベントを時系列に並べてみると以下のようになります。

この場合はフォトアプリから不調が始まりました。大体Windowsの起動から30分後。ちなみにWindows起動直後は普通に使用できていました。

この状態でフォトアプリはウインドウのフレームは表示され、ウインドウ中央にフォトアプリのアイコンが表示されるだけで、アプリケーションとしては動作していません。

ストアアプリを起動しましたがフォトアプリと同様に中央にストアのアイコンが表示されて、コンテンツが表示されません。そしてコマンドボタンの終了ボタンでアプリを終了させようとしましたが、以下のエラーが記録されました。

その後、スタートボタンをクリックしてもスタートメニューは出ますがアプリケーションの起動やシャットダウン等の操作は行えず、タスクバーにPINされているUWPアプリケーションが起動できなくなります。今までのデスクトップアプリはタスクバーのPINから起動できますし(スタートメニューからは不可)、Win-Xのメニューも表示されます。その時に記録されているエラーが以下の通りです。

そのうちにスタートメニューすら起動できなくなります。そしてその頃からスタートボタンのクリックで次のエラーが記録されます。

こうなってしまうと、Windowsを再起動しないと回復できません。そして再起動しても10分から数時間で同様の状態になってしまいます。

ネットで検索、特に ShellExperienceHost.exeのエラーについて検索すると、ようはプロファイルが壊れているので修復、もしくは作り直せという内容ですが、これらは試してもダメでした。Windowsをセットアップし直してもダメでした。

しかし、大体のきっかけがフォトアプリ等ユーザーのDocumentsフォルダやPicturesフォルダを使用するUWPアプリで、セキュリティ周りのエラーだったので、フォルダ周りの何かの可能性があるのではないかと考えました。私は、ユーザーのDocuments、PicturesフォルダをCドライブから以下のExplorerの操作でDドライブに移動していたのですが、これをCドライブ、正確にはC:\users\<ユーザーフォルダ>以下の元々の場所に戻してみました。戻してみると不思議な事に上の現象が再発しなくなりました。もちろん移動させたDドライブのDocuments、Picturesフォルダの所有者、アクセス権とも問題が無いように設定されていたはずです。

Capture_2016_06_12_2206_003

このことから敗因として考えられるのが以下の点です。

  • 一度ローカルアカウントを作りそれを後からMSアカウントに移行させた。
  • MSアカウントに移行後Documents, PicturesをDドライブに移動した。
  • 移動させたフォルダとそのサブディレクトリ、ファイルの所有権をログオンユーザーに与えて、ログオンユーザーにフルコントロールを与えてもそれだけでは何か権限が足りない。

UWP側のストレージで保存場所の設定(下図)と実際のフォルダが合っていないと何か問題が起きるのかもありませんね。正確な理由はわかりませんが、もし同じような作業を行って同じような状態に陥った方は一度Documentsフォルダなどを元の場所に戻してみてはどうでしょうか。

Capture_2016_06_12_2206_005