Forza Horizon 4の既知の問題 #ForzaHorizon4

最終更新: 2018-11-07

情報源: FH4 Known Issues [Updated: September 27th, 2018] – Technical Support & Help – Forza Motorsport Forums

情報源:FH4 Known Issues – Forza Support

クロスプラットフォーム

  • [修正済み:]Horizon Live Server接続時にスタッターが発生する
  • [修正済み:]ゲーム開始時のドライブで写真を保存するとクラッシュする
  • [修正済み:]初期体験中に写真を保存すると、ゲームがクラッシュすることがあります。
  • [修正済み:]Horizonストーリーの報酬を受け取る処理中二クラッシュすることがあります
  • [修正済み:]行方不明のチェックポイントや車がひっくり返るなど、チームアドベンチャーのイベント中に車の位置がリセット出来ない。
  • 全てのインストールが終わる前に、チューニングをダウンロードした場合に「不正なチューニング(Incompatible Tune)」が表示され失敗する場合があります。
  • チームアドベンチャー-ランク付けされたアドベンチャー-LSPがダウンしているときにマッチを試みるときに間違ったメッセージが表示される(サーバーと通信できない場合に “You need to play in unranked first to unlock ranked play” と言う間違ったメッセージが表示される)。
  • リプレイモードでギアチェンジ時にエンジン音が変わらないことがあります。(大抵は60FPSの時のみ)

XBoxでの既知の問題

  • Xbox One – オーディオ – タイトル全体で発生するオーディオヒッチがあります。これらは非常に短い期間無音になります。
  • ディスクからのインストール後にリージョンと言語が変更された場合、ゲームを再インストールする必要があります。
  • インストール中にゲームをプレイすると、パフォーマンス上の問題が発生することがあります。
  • 以前のフォルツァのタイトルから大量に保存されたゲームデータを同期するとき、プロファイルの同期時間が過度にかかります。
  • フリープレイで思いリバリーの他の車がロードされるときに、グラフィックにスタッターが発生することがあります。

PC版での既知の問題

  • [修正済み:]いくつかのHDRモニタでHDRが有効にならない。
  • [修正済み:]MSAAを2倍から4倍に変更したとき、ゲームを再起動するまで不適切なツリーLODレンダリング/ポップが発生します。(グラフィックがおかしくなる)
  • [修正済み:]プレーヤー環境のRAMの品質が十分で無い場合、導入プレイ(ほとんどの場合カットシーンからプレイへの移行で)でストールや大きなFPSのドロップがあります。
  • [修正済み:]AMD: 再起動せずにMSAA設定を切り替えると、環境に黒いノイズが発生します。
  • [修正済み:]Windows 10のOctober 2018 Update適応後15日間は不安定/ディスクスペースの問題が発生することがある。
  • Realtek HDオーディオマネージャーは、ゲームプレイ中に刺されていたイヤホンを抜いた場合に、音声の再生が止まってしまいます。
  • トレンドマイクロのMax Security、Comodo Antivirus、Sophos、Emsisoft Anti-Malware、Aviraなどのウイルスチェッカーではゲームが起動しないことがあります
  • ブートフロー中にヘッドフォンを取り外したり追加したりすると、音声が失われ、不安定になります。
  • WindowsでバックグラウンドアプリケーションとしてFH4を無効にすると、一時停止および再開時にクラッシュまたはハングアップが発生する可能性があります。
  • デフォルト再生が24bit 44100Hzに設定されていると、オーディオが機能しなくなります。
  • サウンドオプション>スピーカーのプロパティ> Spatialで「すべてのサウンドエフェクトを無効にする」を選択すると、ゲームがサイレントまたはクラッシュする可能性があります。
  • NVIDIA: NVIDIAコントロールパネルを使用して強制的な異方性フィルタリングをオンにすると、地形がぼやけて見えます。
  • カスタムキーボードプロファイルを設定する場合、特定のグループのキーバインドの1つを変更すると、グループ内のすべてのアクションがバインド解除されます。
  • Windows Updateにより、2度インストールされてしまうことがあります。
  • NVIDIA: NVIDIA GTX 780 & GTX 780 TIの環境でドライバーバージョン411.63を使用してゲームがハードロックしてしまう場合、ドライバを399.24に戻すことで復旧します。
  • 全てのインストールが終わる前に、チューニングをダウンロードした場合に「不正なチューニング(Incompatible Tune)」が表示され失敗する場合があります。
  • NVIDIA: NVIDIA Game Readyドライバ399.24を使用する必要があります。それ以前のドライバのバージョンには、既知の不安定性がありました。それ以前のドライバを使用している場合、警告メッセージが表示されます。
  • AMD: AMDのドライバは、18.8.2(2018年8月27日リリース)より前のドライバを使用するべきではありません。これは、メモリ使用量が高く不安定になるためです。
  • MSI Afterburner、RivaTuner、またはEVGA Precision XOCを使用してオーバーレイまたはオンスクリーンディスプレイで実行すると、起動時またはゲームプレイ中にゲームがクラッシュする可能性があります。

ホイールの既知の問題

  • [修正済み:]現在のシステムでは、異なるボタンに同じアクションを割り当てることはできません。
  • FANTEC: ハンドブレーキ – ClubSport Handbrake V1.5は機能しません。
  • Fantec CSL ハンドブレーキ装置なしでプレイすると、自動的にEブレーキが作動し、移動することはできません。
  • Fanatec Clubsport V2 – ホイールFFBは、ホイールがGIPモードのときは初期化されません。
  • Fanatec Clubsport 2.5(DrV 310、FwV 446)ホイールの設定は、ゲームの再起動時に保存されません。
  • Mad Catz Pro – Alt + Tabまたは最小化後に、フィードバックと振動が失われます。