バックミラー 2019-01-28 #wrc #IMSA #Daytona24

RVM的何か?

WRC 第1戦 ラリー モンテカルロ

Day1にはこのままラリーを支配するかに見えたトヨタGRのタナックでしたが、Day2でタイヤのパンクにより、シトロエンのオジェに首位を明け渡し、4位に後退しましたが、そこからの追い上げを見せます。27日のパワーステージを終え、総合優勝はオジェが逃げ切り、ヒュンダイのヌービルが猛追を見せましたが、2.2秒差で2位、タナックは3位に入りました。4位には先週までダカールを走って3位に入ったローブが入りました。このおじさんは無限のパワーでも持っているんでしょうか?パワーステージでは今年からトヨタに乗るミークが異次元の速さを見せ1位になりました。シトロエンより絶対トヨタの方がクルマが合っていそうで、期待できます。

今年はもトヨタのマニュファクチャラーランキング1位だけで無く、タナックの総合も見えてきたんじゃ無いでしょうか。(気が早い)

WRC|2.2秒差で逃げ切ったオジェがラリー・モンテカルロ6連覇を達成! トヨタのタナクが3位表彰台|motorsport.com 日本版

IMSA WeatherTech SportsCar Championship 2019 Rolex 24 at Daytona

レースは後半は酷い雨で、赤旗、回復後クラッシュ、FCY、回復直後クラッシュ、FCYが繰り返されて、最後は赤旗終了という結構酷いレースでした。

そんなレースの中、小林可夢偉、アロンソが参加したキャディラック10号車が総合優勝、DPIクラス優勝。LMPクラスは81号車が優勝、GTLMは25号車BMW M8 GTE、GTDクラスは11号車ランボルギーニウラカンGT3となりました。

小林選手は無事(ほんとこのレースはそれが一番大事だった)デイトナをゲットしました。

IMSA 2019 | Results | Motorsport.com

デイトナ24時間:クラッシュ多発の大波乱。赤旗終了で、アロンソ&可夢偉参加のキャデラック10号車が制覇|motorsport.com日本版

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください