バックミラー 2019-02-04 #IntGTC #B12HR

IGTC インターコンチネンタルGTチャレンジ第1戦 バサースト12時間

一度、松田次生選手のKCMG 35号車がトップになるも、ジョシュ・バートンにドライバー交代後マシントラブルに見舞われ後退し、勝利のチャンスが無くなります。終盤6位にいたKCMG 18号車もセーフティカー開けにペナルティを犯し、チャンスが無くなります。レース後半はアストンマーティン62号車が引っ張る展開でしたが、912号車のポルシェがテンポ良くこれを捕まえ、307周目の下りで62号車をとらえトップに、そのまま逃げ切り4秒差を付け優勝となりました。2位はアストンマーティン62号車、3位はグループMの999号車ANGとなりました。松田と千代のKCMG35号車は、粘り強い走りで着々とポジションを上げていき、15位でレースを終えました。

ラスト20分から2台抜き。912号車ポルシェが歴代最多周回数で優勝/バサースト12時間 決勝

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください