「.NET」カテゴリーアーカイブ

TechEd Yokohama その2

とか書いていたらお二人ともセッションスピーカになられていました。とりあえず自分の中での目玉出来た模様。
そのほか今年はメインのセッション以外でもいろいろあっておもしろそうですね。

Tech Ed 2004 yokohama

こんばんわ。ただいまデスマーチ進行中。明日も出勤ですわ。
さて、いろいろ紆余曲折あったもののTechEDには参加できることになりました。
ただ私の勤めている会社からは私だけの参加になりそうで、他の人が聞いてきたほしいセッションと、私の聞きたいセッションが上手くかみ合わないかもしれず調整が必要になるかも。
USでのテーマはVisualizeだったようですが、今回の横浜は予定されているセッションを見ると必ずしもチームサービス一辺倒というわけではなさそうで、悪く言えばテーマが絞られていない感じですね。
それよりも日本の場合は10年目ということでお祭りになるのかな。
また、今年は、MS柳原氏や古山氏のセッションがないので残念ですね。
そういえばNECの山崎嬢のセッションもなさそう。
ということで、始まったらここにレポート書いてゆきます。

続きを読む Tech Ed 2004 yokohama

VisualStudio 2005 Beta1のVisio

残念なお知らせです。
VisualStudio 2005 Beta1付属のVisioですが、UMLステンシルで使用されているUMLのバージョンがVisio2003と同じで、UML 1.2でした。(ベースがVisio 2003なんだから当たり前と言えば当たり前)
期待した私が馬鹿?
Classデザイナー使えってことですか。Whitehorse使えってことですか。どっちもUMLじゃないんです。もうオリジナルのダイアグラム表記法なんてわざわざ用意しなくてもいいじゃないですか、マイクロソフトさん。
Together買うしかないかな・・・・。

VisualStudio 2005 Beta1 その3

とりあえず以下の方法でインストール成功!
(Virtual PC上環境へのインストール方法)
DVDの内容をホストのHDDにコピー。
そのコピーしたフォルダをネットワーク共有出来るように設定する。
Virtual PC側でその共有設定したフォルダをネットワーク経由で開きインストール。
ウマー。

Servicies and foo

Don箱さんがblogでServiceにおける実行環境と、通信について、それぞれの長短所をまとめてくれております。
Services and Processes
Services and Communications
 とりあえず現状Managedコードを直接実行するようなサーバーサイド環境とい
うのは存在しないわけで、何らかの形で今までのメカニズムを使って動かしてい
くほか無いわけです。(現実的にはね。)
 とりあえず、Longhorn serverが登場し、サーバーサイドのIndigoが登場する
までManagedなアプリケーションサーバー(*)は(少なくともMSからは)登場しない
でしょうから、後3年ぐらいはこの状況が続くはずです。

続きを読む Servicies and foo

Visual Studio 2005 Beta1

あちこちで話題になっていますが、MSDNサブスクライバダウンロードでCDイメージだけではなくDVD用ISOイメージもダウンロード可になりました。
と言うことでダウンロード中なのですが、速度が40KB程度しか出てない・・・。
何時終わることやら。

mono ver. 1.0

Mono 1.0 Released.
http://www.mono-project.com/about/index.html
リリース済みバイナリは以下のとおり。
Linux/RedHat 9.0
Linux/Fedra Core 1.0/2.0 x86
Linux/SUSE 8/9/9.1 x86
Mac OS X
Windows 2000 or Later
#このためだけにMacを買っても良いと一瞬思った。

Visual Studio 2005 Express

青柳氏のBlogでVisual Studio 2005 Expressが紹介されていました。
このVisual Studio 2005 ExpresですがFAQを読む限り、きのうてきには現状のVisual Studio C#/VB.NET Standard Edition相当の機能のようですね。ただしStanadard Editionと違いクラスライブラリの開発も行えるようです。
ただし、ダウンロードイメージが50MB程度のようのなので、Document類はオンラインmsdn lib. での提供になるのではないでしょうか。
イメージ的にはBorlandの~Personal Editionの方がイメージが近いかもしれません。
ビジネス戦略的にはEclipse対策ですね。
また、SQL Server 2005 Express Editionについては、現状のMSDEと違いGUI(Web?)のフロントエンドツールが付いてくるところが大きな違いでしょうか。
えー、と言うことで、たいていの人はお金をあまりかけずにおうちでお仕事ってことですかね。

.NETエンタープライズ Webアプリケーション開発技術大全Vol.1

とりあえず3冊とも一気に購入しましたが、Vol.1のみ読了。とりあえず、何が.NETでどこまでが.NET Frameworkか混乱してしまった人や、今までJava等のプロジェクトに関わっていて、このたび幸運にも(!) .NET Frameworkのプロジェクトを担当することになった、SE、アーキテクトの方が情報を整理するのにはよいと思います何せ全5巻の大シリーズの1冊目だからこういうもんですよ。
とりあえず読むこつはあまり大きな期待は抱かないで、購入読み始めることと言うことでしょうか。本当に悪い本ではないのですが、過去数年TechEdに通われている方や、もう肩までどっぷり.NET FWでの開発に関わっている方は今更と感じるかもしれません。まぁ内容的には200番台のセッションだと思って読むと良いですよ。(わかりずれーなこの例えは)