ABB Formula E 2018 Qatar Airways Paris E-Prix

2018 Qatar Airways Paris E-Prixはパリの[ど真ん中](2018 Qatar Airways Paris E-Prix)で行われました。

まず、プラクティスでは、ジャグァ2台とも大きくクラッシュしてしまい、ピケJr.は結局予選を走る事ができませんでした。その他にもローゼンクヴィストがクラッシュするなど、コースが多くのドライバを苦しめました。

予選もアンジュレーションの強いコースにマシンがセットアップしきれず、各ドライバー苦しめられた感じでした。そんな中で地元のヴェルニューがうまくまとめ、グループ予選では1位、ダ コスタが2位、エンゲルが3位、バードが4位、ロッテラが5位に入り、以上がスーパーポールに進みました。

スーパーポールでもベルニューが異次元みたいな走りを見せて2位に.3秒の差を付け、1:01.144で1位、2位がバード、3位がロッテラー、4位エンゲル、5位がダ・コスタとなりました。ルノーのサテライトチームのはずのテチータが本家よりも良いタイムを出して1位、3位と今回も順調な滑り出しとなりました。

決勝はベルニュがポールトゥーフィニッシュ、素晴らしいレースでした。今季2勝目、通算3勝目でしたドラマは最終周に。2位を走っていたロッテラーがバッテリーがなくスローダウンし、そこをディグラッシが躱し2位に、そのロッテラに4位を走行をしていたバードが接触しましたが、前輪左をクラッシュしたままフィニッシュラインを超え3位に。ロッテラは結局6位となりました。ロッテラが物議を醸した感じです。マヒンドラ勢は今回振るわない感じでした。

レースリザルト

ドライバースタンディング

チームスタンディング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください